home > 成果報告> 横断研究の学会発表

成果報告:J-MICC全体に関する学会発表

  1. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    山口美輪. 日本人の肥満者における時計遺伝子の一塩基多型BMAL2 rs7958822と2型糖尿病との関連
  2. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    藤井亮輔. BRCA-1関連タンパク質(BRAP)遺伝子多型とメタボリックシンドロームとの関連:J-MICC Study
  3. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    西田裕一郎. PPARD 遺伝子多型が身体活動・食事指導による減量効果に及ぼす影響
  4. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    高木咲穂子. 閉経後女性における炭水化物・脂質摂取と血清女性ホルモン濃度との関連:J-MICC Study
  5. 第74回日本癌学会学術総会  2015年10月8-10日  名古屋
    岡田理恵子, 内藤真理子, 川合紗世, 菱田朝陽, 森田えみ, 浜島信之, 久保充明, 田中英夫, 若井建志, J-MICC研究グループ.. MMP-9遺伝子多型と胃癌家族歴との関連: J-MICC Study
  6. 第62回日本栄養改善学会学術総会  2015年9月24-26日  福岡
    今枝奈保美, 南里妃名子, 中本真理子, 山口美輪, 釜野桜子, 後藤千穂, 岡本尚子, 鈴木美奈, 小嶋汐美, 宮川尚子, 尾崎悦子, 栗原綾子, 矢口友理, 福田奈菜, 近藤文. 日本の中高年における ヨウ素の摂取状況―秤量法食事記録法のコード化ルールによる誤差の検討
  7. 第62回日本栄養改善学会学術総会  2015年9月24-26日  福岡
    小嶋汐美, 今枝奈保美, 南里妃名子, 中本真理子, 山口美輪, 釜野桜子, 後藤千穂, 岡本尚子, 鈴木美奈, 宮川尚子, 尾崎悦子, 栗原綾子, 矢口友理, 福田奈菜, 近藤文. 秤量法食事記録調査による習慣的な摂取食品の男女別ポーションサイズに関する検討
  8. The 20th IEA World Congress of Epidemiology  2014年8月17-21日  米国、アンカレッジ
    Imaeda N, Wakai K, Goto C, Kamano S, Nanri H, Hosono S, Oze I, Watanabe M, Fukuda N, Yamaguchi M, Nakamoto M, Nakahata N, Tanaka H, and J-MICC Study Group. Optimal food consumption among Japanese adults with adequate nutritional intake according to the Dietary Reference Intakes for Japanese
  9. 第73回日本癌学会学術総会  2014年9月25-27日  横浜
    Kawai S, Okada R, Morita E, Hishida A, Naito M, Wakai K, Hamajima N, Kubo M, Tanaka H.. Association between PTPN11 polymorphism and history of cancer in Japanese general population: a cross-sectional study.
  10. The 20th IEA World Congress of Epidemiology  2014年8月18-21日  米国、アンカレッジ
    Tamura T, Morita E, Kawai S, Sasakabe T, Fukuda N, Sugimoto Y, Suma S, Mokuno J, Nakagawa H, Hishida A, Okada R, Naito M, Hamajima N, Wakai K.. Significant associations of abdominal obesity with LYPLAL1 polymorphism (rs4846567) among a general Japanese population: a cross-sectional study.
  11. The 20th IEA World Congress of Epidemiology  2014年8月18-21日  米国、アンカレッジ
    Sasakabe T, Yin G, Naito M, Morita E, Kawai S, Okada R, Tamura T, Nakagawa H, Suma S, Fukuda N, Sugimoto Y, Wakai K, Hamajima N, J-MICC Study Group.. The association of alcohol intake with serum lipid profile and its modification by ADH1B and ALDH2 polymorphisms: J-MICC Study
  12. The 20th IEA World Congress of Epidemiology  2014年8月17-21日  米国、アンカレッジ
    Nishida Y, Hara M, Nanri H, Nakamura K, Imaizumi T, Sakamoto T, Higaki Y, Taguchi N, Horita M, Shinchi K, Tanaka K, J-MICC Study Group.. Interaction between interleukin1-β gene polymorphism and cigarette smoking on HbA1c in a Japanese general population
  13. 第24回日本疫学会学術総会  2014年1月23-25日  仙台
    篠壁多恵, 銀光, 内藤真理子, 森田えみ, 川合紗世, 岡田理恵子, 田村高志, 中川弘子, 須磨紫乃, 福田奈菜, 杉本裕香, 若井建志, 浜島信之, J-MICC Study Group.. ADH1B、ALDH2遺伝子型による血清脂質とアルコール摂取量の関連の修飾:J-MICC Study
  14. 第24回日本疫学会学術総会  2014年1月23-25日  仙台
    細野覚代, 松尾恵太郎, 伊藤秀美, 尾瀬功, 渡邉美貴, 田島和雄, 田中英夫.. エストロゲン代謝関連遺伝子多型と閉経女性性ホルモン濃度との関連:日本多施設コーホート研究横断研究
  15. 第24回日本疫学会学術総会  2014年1月23-25日  仙台
    菱田朝陽, 若井建志, 内藤真理子, 田村高志, 川合紗世, 浜島信之, 尾瀬功, 今泉猛, Turin Tanvir, 鈴木貞夫, Kheradmand Motahare, 三上春夫, 大仲桂三, 渡邊能行, 有澤孝吉, 久保充明, 田中英夫.. Polymorphisms in PPAR genes and risk of chronic kidney diseases in Japanese
  16. 第72回日本公衆衛生学会総会  2013年10月23-25日  三重
    杉本裕香, 福田奈菜, 銀光, 森田えみ, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之.. IL-6遺伝子多型と血清肝機能マーカーとの関連
  17. 第83回日本衛生学会学術総会  2013年3月24-26日  金沢
    勝浦桜子, 上村浩一, 山口美輪, 中本真理子, 日吉峰麗, 高見栄喜, 澤近房和, 有澤孝吉, J-MICC Study Group.. Near MC4R遺伝子多型が日本人の肥満指標および中性脂肪値に及ぼす影響.
  18. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Imaeda N, Ishihara J, Takachi R, Goto C, Ishii Y, Kojima S, Nanri H, Nakamura K, Yamaguchi M, Tanaka J, Fukuda N, Iso H, Hosono S, Shimazu T, Miyagawa N, Sawada N, Wakai K, Sasazuki S, Tanaka H, Tsugane S.. Comparison of dietary record procedures in calibration studies for two large cohort studies.
  19. 第73回日本公衆衛生学会  2014年11月5-7日  宇都宮
    岡本尚子, 今枝奈保美, 釜野桜子, 南里妃名子, 宮川尚子, 後藤千穂, 若井建志, 田中英夫, 鈴木貞夫, J-MICC Study Group. 秤量記録法による地域住民の主要栄養素等摂取状況
  20. 第73回日本癌学会学術総会  2014年9月25-27日  横浜
    Wakai K, Tanaka H, J-MICC Study Group. Roles of the Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (JMICC) Study in studies for patients
  21. 第3回日本栄養改善学会東海支部  2014年6月29日  鈴鹿
    小嶋汐美, 今枝奈保美, 後藤千穂, 國松巳歳, J-MICC Study Group. 四季3日間の秤量法食事記録法による成人の栄養素等供給源食品 ~J-MICC Studyの食物摂取頻度調査票妥当性研究
  22. 第60回日本栄養改善学会学術総会  2013年9月12-14日  神戸
    今枝奈保美, 南里妃名子, 釜野桜子, 山口美輪, 中本真理子, 中畑(常松)典子. 多施設共同で実施する食事記録調査のための調査支援システムに関する考察
  23. 第2回日本栄養改善学会東海支部  2013年6月30日  浜松
    安藤由華, 大竹那菜美, 熊谷佳奈, 今枝奈保美. 中高年における食事摂取基準(2010年版)のナトリウム目標量の実行可能性に関する検討
  24. 第36回日本がん疫学・分子疫学研究会  2013年6月20-21日  岐阜
    若井建志, 田中英夫. 日本多施設共同コーホート研究 (J-MICC Study)―そのミッションと現状―
  25. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    菱田朝陽, 岡田理恵子, 銀光, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, 田中英夫, J-MICC研究グループ. 日本人におけるMTHFR, MTR, MTRR遺伝子多型と慢性腎臓病リスク
  26. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    西田裕一郎, 原めぐみ, 南里妃名子, 中村和代, 今泉猛, 坂本龍彦, 桧垣靖樹, 田口尚人, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 炎症性サイトカインの遺伝子多型とHbA1cとの関連
  27. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    原めぐみ, 南里妃名子, 西田裕一郎, 中村和代, 今泉猛, 坂本龍彦, 堀田美加子, 桧垣靖樹, 田口尚人, 新地浩一, 田中恵太郎. hOGG1 遺伝子のSer326Cys多型と空腹時血糖の関連
  28. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    栗山長門, 尾崎悦子, 渡邉功, 吉川綾, 原久美子, 御神本奈保美, 松川泰子, 宮谷史太郎, 松井大輔, 小野寺理, 猪原匡史, 水野敏樹, 中川正法, 渡邊能行, J-MICC StudyGroup. HTRA1遺伝子多型と高血圧症との関連: J-MICC横断研究
  29. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    東端孝博, 若井建志, 内藤真理子, 菱田朝陽, 岡田理恵子, 浜島信之. BMIとSIRT1遺伝子多型の関連
  30. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    杉本裕香, 福田奈菜, 岡田理恵子, 川合紗世, 銀光, 森田えみ, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, J-MICC Study Group. サイトカイン特にIL-6遺伝子多型と肝機能マーカーの関連性について J-MICC Study
  31. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Wakai K, Hamajima N, Tanaka H, The J-MICC Study Group. The Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study: its achievement and perspectives
  32. 第35回日本がん疫学会・分子疫学研究会総会  2012年7月5-6日  広島
    川合紗世, 森田えみ, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 疫学研究におけるビデオを使用した研究説明
  33. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    銀光, 松尾恵太郎, 松田文彦, 森田えみ, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, 田中英夫. Genome-wide association studyによるコーヒー摂取習慣に関連する遺伝子の検索
  34. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    尾瀬功, 松尾恵太郎, 細野覚代, 伊藤秀美, 渡辺美貴, 田島和雄, 田中英夫. 飲酒行動に及ぼすアルコール脱水素酵素遺伝子多型の影響
  35. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    栗山長門, 尾崎悦子, 繁田正子, 渡邉功, 井上郁, 吉川綾, 原久美子, 渡邊能行, J-MICC Study Group. PCSK9遺伝子多型と動脈硬化危険因子との関連:J-MICC横断研究
  36. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    南里妃名子, 西田裕一郎, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎, J-MICC Study Group. 食事パターンとADRβ2およびADRβ3遺伝子多型が血中トリグリセリドに与える影響
  37. Worldsleep 2011  2011年10月16-20日  京都
    Morita E, Matsuo K, Tanaka H, Matsuda F, Naito M, Hamajima N, Wakai K, J-MICC Study Group. Genome-wide association study of sleep duration or perceived-insufficient sleep in Japanese populations
  38. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Oze I, Matsuo K, Hosono S, Ito H, Watanabe M, Tajima K, Tanaka H, The J-MICC Study Group. Alcohol drinking behavior and alcohol dehydrogenase (ADH) gene polymorphisms: J-MICC cross-sectional study
  39. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Okada R, Kawai S, Morita E, Naito M, Wakai K, Hamajima N, The J-MICC Study Group. Strong family history of young onset gastric cancer is associated with anti-inflammatory cytokine IL4 gene polymorphism
  40. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Wakai K, Hamajima N, Tanaka K, Suzuki S, Takezaki T, Mikami H, Kono S, Watanabe Y, Arisawa K, Tanaka H, The J-MICC Study Group. Genotype distributions of 108 polymorphisms in a study on gene-environment interactions in the J-MICC Study
  41. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Kawai S, Okada R, Yin G, Morita E, Naito M, Wakai K, Hamajima N, The J-MICC Study Group. Association between serum lactate dehydogenase (LDH) and polymorphism in PTPN11 gene encoding SHP-2
  42. IEA World congress of Epidemiology  2011年8月7-9日  エジンバラ
    Hara M, Nanri H, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Association between PPARG2 Pro12Ala gene variant and HbA1c in a middle-aged Japanese population
  43. がん予防大会2011京都  2011年6月20-21日  京都
    川合紗世, 森田えみ, 銀光, 岡田理恵子, 東端孝博, 田村高志, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, J-MICC Study Group. 健康な成人におけるPTPN11遺伝子多型(rs2301756)が血清GGT値に与える影響
  44. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    上村浩一, 日吉峰麗, 山口美輪, 中本真理子, 武田英雄, 嵩下賢, 高見栄喜, 北山淳, 澤近房和, 十田朋也, 有澤孝吉, J-MICC Study Group. ADIPOQおよびADRB3遺伝子多型が自然閉経年齢に及ぼす影響についての検討
  45. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    銀光, 内藤真理子, 浜島信之, 若井建志, 森田えみ, 川合紗世, J-MICC Study Grou. アルコール脱水素酵素ADH1B、ADH1C 及びアセトアルデヒド脱水素酵素ALDH2遺伝子多型と血糖値及びHbA1cとの関連
  46. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    原めぐみ, 南里妃名子, 中村和代, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 西田裕一郎, 田中恵太郎, J-MICC Study Group. PPARG遺伝子のPro12Ala多型とHbA1cとの関連
  47. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    中村昭彦, 新村英士, 嶽崎俊郎, 久保充明, 田中英夫, 若井建志, 浜島信之, J-MICC Study Group. 血中HDLコレステロール濃度に関わる遺伝子多型及び生活習慣に関する横断研究
  48. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    尾瀬功, 松尾恵太郎, 細野覚代, 伊藤秀美, 渡邉美貴, 田中英夫, J-MICC Study Group. ALDH2遺伝子多型と酒類別消費量の関連:J-MICC横断研究
  49. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    南里妃名子, 西田裕一郎, 中村和代, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎, J-MICC Study Group. 食事パターンとADRβ2およびADRβ3遺伝子多型がHbA1cに与える影響
  50. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    東端孝博, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, J-MICC Study Group. J-MICC研究におけるNOS3遺伝子多型(T-786C)と脂質異常症との関連
  51. 第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月27-29日  東京
    栗山長門, 尾崎悦子, 三谷智子, 吉川綾, 繁田正子, 松井大輔, 渡邉功, 井上郁, 渡邊能行. 日本人における睡眠障害とMTHFR遺伝子多型
  52. がん予防学術大会2010札幌  2010年7月15-16日  札幌
    江口英孝, 若井建志, 岡田理恵子, 内藤真理子, 浜島信之 for J-MICC study. 分子疫学コーホート研究における凍結血液検体保管システムの構築
  53. 第67回日本癌学会学術総会  2008年10月28-30日  名古屋
    Wakai K, Hamajima N, Study Group J-MICC. The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study
  54. UICC World Cancer Congress  2008年8月27-31日  ジュネーブ
    Hamajima N for the J-MICC Study Group. Multi-institutional genomic cohort in Japan
  55. 第18回日本疫学会学術総会  2008年1月25-26日  東京
    石田喜子, 江口英孝, 西尾和子, 岡田理恵子, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之 for J-MICC Study Group. 日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)におけるコントロール血液検体の保存(第2報)
  56. 第65回日本癌学会学術総会  2006年9月28-30日  横浜
    内藤真理子, 江口英孝, 石田喜子, 西尾和子, 若井建志, 玉腰暁子, 浜島信之. 日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)におけるコントロール血液検体
  57. 第6回日本がん分子疫学研究会学術集会  2005年5月21日  名古屋
    玉腰暁子, 若井建志, 江口英孝, 今井一枝, 橋本修二, 内藤真理子, 田島和雄, 浜島信之, J-MICC研究グループ. 日本多施設共同コーホート(J-MICC)研究の概要
ページトップへ戻るページトップへ戻る