home > 成果報告> 各研究グループの学会発表

成果報告:各研究グループの学会発表

  1. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    小山晃英. Serum albumin to globulin ratio is a surrogate marker for cognitive decline.
  2. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    清木俊雄. 遺伝子多型と赤血球系検査値との関連:既報ゲノムワイド関連解析結果の検証
  3. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    上島寛之. 地域住民における食塩摂取量と生活習慣に関する研究―食塩摂取量とアルコール摂取との関連―
  4. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    望月美咲. 絶食後の検診受診者の尿から食塩摂取量を推定する方法の提案―起床後第2尿からの推定式の応用―
  5. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    菱田朝陽. J-MICC Study 大幸研究におけるSKATを用いた花粉症リスク関連遺伝子群の半網羅的探索
  6. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    辻村尚子. 閉経前女性の骨密度の変化とその関連因子
  7. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    若林諒三. 身体的健康感に対する睡眠障害および自覚的ストレスの関連性および交互作用について
  8. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    バハリ ティラニ. Micronutrients Derived Dietary Pattern is Associated with Metabolic Syndrome in the J-MICC Study
  9. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    栗木清典. JMICC Study 静岡・桜ヶ丘地区における非アルコール性脂肪性肝疾患リスクと栄養素摂取量との関連
  10. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    鳥仁. 質問票による摂食速度の信頼性および肥満リスクとの関連における交絡要因の検討:JMICC 静岡・桜ヶ丘地区
  11. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    島ノ江千里. 長期的な自覚ストレスとDNA 酸化損傷(尿中8OHdG)との関連は抑うつの高さによって異なる:J-MICC study SAGA
  12. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    服部雄太. 一般集団における血清メタロチオネイン値の検討
  13. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    内藤真理子. 一般集団における低体重と嚥下困難感との関連
  14. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    川合紗世. ストレス状況およびその対処法と異常発汗の関連:J-MICC Study 大幸研究
  15. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    篠壁多恵. ローカーボスコアと血糖、HbA1c、血清脂質との関連、およびCDKAL1 遺伝子多型の影響:J-MICC Study 静岡地区
  16. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    指宿りえ. BMI 及び飲酒習慣と脂肪肝リスクに関する横断的研究
  17. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    原めぐみ. 加齢とhOGG1遺伝子プロモーター領域のメチル化の関連
  18. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    片桐辰徳. 中壮年者と高齢者の転倒経験と社会との関わり
  19. 第26回日本疫学会学術総会  2016年1月21-23日  米子
    下敷領一平. 海洋療法施設利用に伴う健康指標の変化に関する研究
  20. 第74回日本癌学会学術総会  2015年10月8-10日  名古屋
    菱田朝陽, 川合紗世, 森田えみ, 岡田理恵子, 中杤昌弘, 須磨紫乃, 内藤真理子, 浜島信之, 田中英夫, 若井建志.. SNP-set Kernel Association Tests (SKAT) によるTLR遺伝子多型とピロリ菌関連胃粘膜萎縮の関連解析
  21. 第74回日本癌学会学術総会  2015年10月8-10日  名古屋
    川合紗世, 銀光, 須磨紫乃, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 内藤真理子, 浜島信之, 若井建志.. がん罹患歴とPTPN11遺伝子多型(rs2301756)の関連:J-MICC Study静岡地区
  22. メタルバイオサイエンス研究会  2015年8月27-28日  名古屋
    服部雄太, 内藤真理子, 佐藤雅彦, 篠壁多恵, 須磨紫乃, 川合紗世, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 森田えみ, 浜島信之, 若井建志.. MT2A A-5G多型の腎機能障害リスクと因子としての疫学的検討
  23. 第61回東海公衆衛生学会学術大会  2015年7月11日  羽島
    服部雄太, 内藤真理子, 篠壁多恵, 須磨紫乃, 川合紗世, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 若井建志, 浜島信之, 佐藤雅彦, 森田えみ.. メタロチオネイン遺伝子(MT2A)A-5G多型が腎機能に及ぼす影響
  24. 日本睡眠学会第40回定期学術集会  2015年7月2-3日  宇都宮
    森田えみ, 池田幸陽, 角谷寛, 山田尚登, 篠壁多恵, 服部雄太, 須磨紫乃, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 浜島信之, 若井建志, 内藤真理子.. 活動量計による睡眠時間と高血圧症との関連:一般集団における検討
  25. 第21回日本ヘリコバクター学会学術集会  2015年6月26-27日  神戸
    菱田朝陽 et al.. 日本人におけるTLR locus遺伝子多型とピロリ菌持続感染リスク
  26. がん予防大会2015(第38回日本がん疫学・分子疫学研究会 )  2015年6月5-6日  埼玉
    菱田朝陽, 服部雄太, 中栃昌弘, 篠壁多恵, 須磨紫乃, 岡田理恵子, 川合紗世, 森田えみ, 内藤真理子, 浜島信之, 田中英夫, 若井建志.. SKAT 解析を用いたピロリ菌関連萎縮性胃炎発症リスクに関する SNP-set 同定の試み(preliminary data)
  27. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Tsujimura S, Hosono A, Shibata K, Arai K, Oka K, Hujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Epidemiological aspect of bone density among premenopausal women.
  28. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Morita E, Naito M, Sasakabe T, Hattori Y, Suma S, Okada R, Kawai S, Hishida A, Hamajima N, Wakai K.. Association between BDNF Val66Met polymorphism and overweight in a Japanese general population: J-MICC Study.
  29. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Kawai S, Naito M, Sasakabe T, Hattori Y, Suma S, Okada R, Hishida A, Morita E, Hamajima N, Wakai K.. Background characteristics of the second survey participants of the Daiko study (the J-MICC Study in Nagoya field).
  30. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Suma S, Naito M, Sasakabe T, Hattori Y, Okada R, Kawai S, Hishida A, Morita E, Hamajima N, Wakai K.. Associations of tooth loss and oral health behaviors with BMI in a Japanese cohort: J-MICC Study.
  31. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Matsuo H, Nakayama A, Sakiyama M, Chiba T, Shimizu S, Nakashima H, Nakamura T, Takada Y, Takada T, Nakaoka H, Wakai K, Kawai S, Yin G, Nakagawa H, Ito T, Yamamoto K, Sakurai Y, Ichida K, Shimizu T, Shinomiya N.. ABCG2 dysfunction causes not only renal urate overload hyperuricemia but also renal urate underexcretion hyperuricemia.
  32. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Nakayama A, Matsuo H, Nakaoka H, Nakamura T, Nakashima H, Takada Y, Oikawa Y, Takada T, Sakiyama M, Shimizu S, Chiba T, Wakai K, Kawai S, Okada R, Tamura T, Shichijo Y, Akashi A, Sakurai Y, Ichida K, Shinomiya N.. Genefic effect by dysfunctional variants of ABCG2 is stronger than environmental effects for hyperuricemia.
  33. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Hishida A, Zhao N, Wu M, Nakatochi M, Naito M, Sasakabe T, Hattori Y, Suma S, Okada R, Kawai S, Morita E, Hamajima N, Tanaka H, Wakai K.. A SNP-set Kernel Association Test detected genetic pathway involved in persistent Helicobacter pylori infection.
  34. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Hattori Y, Hishida A, Morita E, Nakatochi M, Zhao N, Wu M, Sasakabe T, Suma S, Okada, Kawai, Naito M, Hamajima N, Tanaka H, Wakai K.. SNP-set Kernel Association Test Identified Biological Pathways Associated with Japanese Cedar and Hinoki Pollen Allergy.
  35. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Kairupan TS, Ibusuki R, Mantjoro EM, Niimura H, Kuwabara K, Ogawa S, Nakahata N, Nerome Y, Ohwaki T, Kusano K, Takezaki T.. Clinical and Lifestyle Characteristics associated with HTLV-I Carrier among General Population.
  36. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Shimanoe C, Higaki Y, Nishida Y, Hara M, Nanri H, Nakamura K, Imaizumi T, Sakamoto T, Taguchi N, Horita M, Shinchi K, Tanaka K, J-MICC Study Group.. Significant interaction between ADIPOQ gene and higher BMI on HbA1c levels in a Japanese general population.
  37. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Shimanoe C, Horita M, Shinchi K, Tanaka K.. Association between objectively measured physical activity and serum adiponectin in the middle-aged population.
  38. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Higaki Y, Horita M, Kawai K, Li Y, Kasai J, Kasai H, Tanaka K.. Association between moderate/vigorous intensity of physical activity and urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese men and women.
  39. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Okamoto N, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Accuracy of self-reported height, weight and waist circumference in a Japanese population.
  40. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Okada R, Naito M, Sasakabe T, Hattori Y, Suma S, Kawai S, Hishida A, Morita E, Hamajima N, Wakai K.. Body Fat Percentage is Associated with Blood Pressure Variability among Normotensive Women; from the J-MICC Daiko Study.
  41. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Kondo F, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. In Japan, the consciousness of the nutrition imbalance is associated with the shortage of vegetable and fish intake.
  42. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Fujita H, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Characteristics of local residences with headache.
  43. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Wakabayashi R, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Kojima M, Suzuki S.. The relationships between sleep and pain in Japanese community dwelling adults.
  44. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Oka K, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Sleep disorder and stress management among.
  45. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Domestic nursing affects to happiness more than individual health status.
  46. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Katagiri T, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Drug intake and fall experience among local residents.
  47. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Arai K, Hosono A, Shibata K, Tsujimura S, Oka K, Hujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M, Suzuki S.. Serum dehydroepiandrosterone-sulfate reflects not only age and sex but also serum albumin.
  48. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Bahari T, Uemura H, Kamano S, Yamaguchi M, Nakamoto M, Hiyoshi M, Arisawa K.. The Association between Dietary Pattern and Serum Adiponectin: A Cross Sectional Study In Japanese Population.
  49. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Kuriki K, Endoh K, Matsui Y, Takeshita M, Yasunaga K, Katashima M, Goto C.. Seasonal variations in associations between bioelectrical impedance analysis-measured visceral fat area and diet.
  50. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Endoh K, Matsui Y, Takeshita M, Katashima M, Yasunaga K, Kuriki K.. The association of green tea and catechin consumption with blood lipids and hemoglobin A1c in Japanese.
  51. 第25回日本疫学会学術総会  2015年1月23-25日  名古屋
    Suzuki S, Hosono A, Shibata K, Arai K, Tsujimura S, Oka K, Fujita H, Okamoto N, Kamiya M, Kondo F, Katagiri T, Wakabayashi R, Kojima M.. The impact of serum dehydroepiandrosterone sulfate concentrations on bone density.
  52. 第72回日本癌学会学術総会  2013年10月3-5日  横浜
    Tamura T, Morita E, Kawai S, Okada R, Hishida A, Hamajma N, Naito M, Wakai K. Association of Helicobacter pylori infection with the prevalence of diabetes mellitus among a Japanese population
  53. 第54回日本人間ドック学会学術総会  2013年8月29-30日  浜松
    川合紗世, 内藤真理子, 森田えみ, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 若井建志, 浜島信之. 健康な日本人成人の血清GGT値とGGT1 intron1 A/G 遺伝子多型の関連
  54. 第54回日本人間ドック学会学術総会  2013年8月29-30日  浜松
    内藤真理子, 菱田朝陽, 川合紗世, 若井建志, 浅井八多美, 桑原真弓, 尾澤法代, 古橋啓子, 森厚嘉, 浜島信之. 人間ドック受診者を対象とした大規模コーホート研究:J-MICC Study 静岡地区の概要
  55. 第38回日本睡眠学会定期学術集会  2013年6月27-28日  秋田
    森田えみ, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 銀光, 東端孝博, 田村高志, 中川弘子, 須磨紫乃, 福田奈菜, 杉本裕香, 浜島信之, 若井建志. NOS3 VNTR遺伝子多型の新規Lアレルと短時間睡眠との関係
  56. 第36回日本がん疫学・分子疫学研究会  2013年6月20-21日  岐阜
    内藤真理子, 若井建志, 川合紗世, 森田えみ, 銀光, 岡田理恵子, 中川弘子, 田村高志, 須磨紫乃, 杉本裕香, 福田奈菜, 浜島信之. RANK遺伝子多型と前立腺がん罹患の関連:J-MICC Study 静岡地区における検討
  57. 第36回日本がん疫学・分子疫学研究会  2013年6月20-21日  岐阜
    川合紗世, 菱田朝陽, 野畑俊介, 内藤真理子, 田村高志, 中川弘子, 須磨紫乃, 杉本裕香, 福田奈菜, 岡田理恵子, 森田えみ, 若井建志, 浜島信之. 血清PSA 高値とPTPN11 遺伝子多型(rs2301756)の関連
  58. 第124回日本森林学会大会  2013年3月25-28日  盛岡
    森田えみ、内藤真理子、若井建志、浜島信之. J-MICC Study静岡地区における森林散策頻度と睡眠充足感との関連
  59. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    森田えみ, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 銀光, 若井建志, 浜島信之. IL-6遺伝子多型(rs1800796)とメンタルヘルスとの関連
  60. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    桑原和代, 新村英士, 中村昭彦, 立棒雅也, 小川信, 中畑典子, Motahare Kheradmand, Mantjoro Eva Mariane, 根路銘安仁, 大脇哲洋, 草野健, 嶽崎俊郎. あまみ島嶼地域における動脈硬化とストレスに関する研究
  61. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    嶋谷圭一, 桑原和代, 新村英士, 中村昭彦, 立棒雅也, 小川信, 中畑典子, Motahare Kheradmand, Mantjoro Eva Mariane, 根路銘安仁, 大脇哲洋, 草野健, 嶽崎俊郎. 日常身体活動量や運動習慣、海洋療法による動脈硬化要因及び医療費の改善に関する研究
  62. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    辻村尚子, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 岡京子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 近藤文, 鈴木美奈, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 人間ドック受診データによる気流閉塞と喫煙歴についての検討
  63. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    島ノ江千里, 原めぐみ, 大塚康子, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. ストレス対処行動と BMI との関連 :J-MICC Study (佐賀地区)
  64. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    鈴木美奈, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 近藤文, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 骨密度と食生活の関係について
  65. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    福田奈菜, 内藤真理子, 岡田理恵子, 川合紗世, 森田えみ, 銀光, 東端孝博, 田村高志, 中川弘子, 須磨紫乃, 杉本裕香, 若井建志, 浜島信之. 名古屋市、浜松市と静岡県西部・中部の茶産地を比較した緑茶摂取量の検討
  66. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    荒井健介, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 近藤文, 鈴木美奈, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 呼吸機能と骨密度および運動量の相関についての記述疫学
  67. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    近藤文, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 鈴木美奈, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 飲酒習慣及び喫煙習慣と骨密度の関連について
  68. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    細野晃弘, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 近藤文, 鈴木美奈, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛, 鈴木貞夫. 人間ドックにおける細胞接着分子の分布と関連因子
  69. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    岡京子, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 近藤文, 鈴木美奈, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 骨密度と女性症状
  70. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 岡京子, 藤田ひとみ, 神谷真有美, 近藤文, 鈴木美奈, 今枝奈保美, 石川奈美, 柴田清, 後藤千恵, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 人間ドックにおける萎縮性胃炎の分布と関連因子
  71. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    銀光, 森田えみ, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 一般集団におけるPCSK9 E32K遺伝子多型と血中LDLコレステロール値との関連
  72. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    大塚康子, 徳田拓巳, 原めぐみ, 島ノ江千里, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 睡眠時間とHbA1cの関連:J-MICC Study(佐賀地区)
  73. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    須磨紫乃, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 銀光, 森田えみ, 若井建志, 浜島信之. J-MICC研究静岡地区における口腔衛生習慣と現在歯数の関連
  74. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    川合紗世, 森田えみ, 岡田理恵子, 銀光, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 大西丈二, 浜島信之. 余暇の過ごし方と飲酒行動の関連
  75. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    南里妃名子, 原めぐみ, 西田裕一郎, 中村和代, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 日本人中高年者の食事パターンと高血圧症との関連
  76. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    有澤孝吉, 上村浩一, 勝浦桜子, 山口美輪, 中本真理子, 日吉峰麗, 高見栄喜, 澤近房和. 食パターンとメタボリック症候群およびインスリン抵抗性との関連:徳島県における断面調査
  77. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    中川弘子, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 森田えみ, 若井建志, 浜島信之. IL-6遺伝子多型(C-634G)と骨密度との関連
  78. 第23回日本疫学会学術総会  2013年1月25-26日  大阪
    田村高志, 菱田朝陽, 杢野純一郎, 後藤康幸, 神谷悦功, 浜島信之. PCR-CTPP法を用いたモルヒネ関連遺伝子多型の同定
  79. 第70回日本心身医学会中部地方会  2012年10月6日  名古屋
    森田えみ, 青山京子, 田村高志, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 名古屋市民における森林散策頻度とメンタルヘルスとの関連
  80. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Morita E, Naito M, Kawai S, Okada R, Yin G, Hishida A, Wakai K, Hamajima N. The association between IL-6 G-634C polymorphism and smoking history: a cross-sectional study in a Japanese population
  81. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Naito M, Wakai K, Morita E, Kawai S, Okada R, Yin G, Hishida A, Hamajima N. Association between the serum prostate-specific antigen level and liver function markers in Japanese men
  82. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Kawai S, Morita E, Okada R, Yin G, Hishida A, Naito M, Wakai K, Hamajima N. Association between PTPN11 G>A polymorphism at intron 3 and serum gamma-glutamyl transferase in Japanese healthy adults
  83. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Hishida A, Naito M, Okada R, Morita E, Kawai S, Hamajima N, Wakai K. Association between KLK3 rs2735839 G/A polymorphism and serum PSA levels in Japanese men
  84. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Suma S, Hamajima N, Naito M, Okada R, Kawai S, Yin G, Morita E, Higashibata T, Tamura T, Nakagawa H, Wakai K. Significant interaction between LRP2 rs2544390 in intron 1 and alcohol drinking for serum uric acid levels
  85. 第71回日本癌学会学術総会  2012年9月19-21日  札幌
    Mokuno J, Hamajima N, Wakai K, Naito M, Morita E, Yin G, Okada R, Kawai S. ABCA1 polymorphism and serum HDL cholesterol levels
  86. 第14回日本看護医療学会  2012年9月8日  名古屋
    森祥子, 濱田有希, 徳永嶺, 塚本早苗, 岡村雪子, 堀容子, 星野純子, 清水律子, 山内豊明, 玉腰浩司, 近藤高明. 笑う頻度とストレスとの関連
  87. 第14回日本看護医療学会  2012年9月8日  名古屋
    岡村雪子, 玉腰浩司, 星野純子, 森祥子, 近藤高明, 榊原 久孝, 塚本早苗, 牧野史子, 濱田有希, 徳永嶺, 堀容子. 日本多施設共同コーホート研究に参加した家族介護者における心身の健康状態
  88. UICC World Cancer Cogress 2012  2012年8月27-30日  モントリオール(カナダ)
    Naito M, Kawai S, Yin G, Wakai K, Hamajima N. Shizuoka area in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study (J-MICC Study): study design and dissemination of research findings
  89. 第35回日本がん疫学会・分子疫学研究会総会  2012年7月5-6日  広島
    内藤真理子, 菱田朝陽, 川合紗世, 岡田理恵子, 森田えみ, 浅井八多美, 森厚嘉, 若井建志, 浜島信之. 日本人男性における血清PSAと高血圧との関係
  90. 第37回日本睡眠学会定期学術集会  2012年6月28-30日  横浜
    森田えみ, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 銀光, 若井建志, 浜島信之. セロトニントランスポーター遺伝子多型(5-HTTLPR)と睡眠時間・主観的睡眠不足感との関連
  91. 第53回日本心身医学会総会  2012年5月25-26日  鹿児島
    森田えみ. セロトニントランスポーター遺伝子(5-HTTLPR)多型と糖尿病との関連
  92. The 6th General Assembly Asian Pacific Organization for Cancer Prevention  2012年4月26-29日  マレーシア
    Tamura T, Morita E, Wakai K, Hamajima N. The Association of Urokinase Plasminogen Activator Pro141Leu Polymorphism with Body Mass Index
  93. 第123回日本森林学会大会  2012年3月26-29日  宇都宮
    森田えみ, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 銀光, 若井建志, 浜島信之. セロトニントランスポーター遺伝子多型(5HTTLPR)による個人差を考慮した森林散策頻度とメンタルヘルスとの関連
  94. 第82回日本衛生学会学術総会  2012年3月24-26日  京都
    上山純, 本郷あやの, 近藤高明, 森田えみ, 川合紗世, 岡田理恵子, 伊藤宜則, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. パラオキソナーゼ1遺伝子多型と腎機能評価指標との関連 -予備的解析-
  95. 第57回四国公衆衛生学会・研究発表会  2012年2月3日  徳島
    高見栄喜, 上村浩一, 勝浦桜子, 澤近房和, 山口美輪, 中本真理子, 十田朋也, 有澤孝吉. コーヒー・緑茶の摂取と空腹時血糖との関連についての検討 ‐ J-MICC Study徳島地区データより ‐
  96. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    川合紗世, 内藤真理子, 岡田理恵子, 森田えみ, 浅井八多美, 森厚嘉, 若井建志, 浜島信之. 健康な日本人成人におけるPTPN11, GGT1遺伝子多型と血清GGT値の関連
  97. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    東端孝博, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 森田えみ, 若井建志, 浜島信之. 日本人におけるDPP4遺伝子多型と高血圧の関連:J-MICC Study
  98. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    中山昌喜, 松尾洋孝, 及川雄二, 高田雄三, 中島宏, 中村好宏, 井上寛規, 森厚嘉, 内藤真理子, 菱田朝陽, 若井建志, 丹羽和紀, 櫻井裕, 浜島信之, 四ノ宮成祥. 痛風病因遺伝子ABCG2の変異と血清尿酸値との関連
  99. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    田村高志, 森田えみ, 岡田理恵子, 川合紗世, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 血清脂質non-HDLコレステロール濃度とu-PA遺伝子多型Pro141Leuとの関連
  100. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    安藤亮介, 鈴木貞夫, 永谷照男, 小嶋雅代, 安井孝周, 今枝奈保美, 服部奈美, 柴田清, 後藤千穂, 細野晃弘, 岡田淳志, 山田珠樹, 郡健二郎, 徳留信寛. 尿路結石の発症に影響をあたえる血清インスリンとインスリン抵抗性に関する臨床疫学研究
  101. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    辻村尚子, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 藤田ひとみ, 今枝奈保美, 服部奈美, 柴田清, 後藤千穂, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 地域住民の転倒経験者の特性
  102. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    森田えみ, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 若井建志, 浜島信之. セロトニントランスポーター遺伝子多型(5-HTTLPR )と心理状態・主観的健康状態との関連
  103. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 藤田ひとみ, 今枝奈保美, 服部奈美, 柴田清, 後藤千穂, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 出生体重とメタボリックシンドローム関連疾患既往との関連
  104. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    細野晃弘, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 藤田ひとみ, 今枝奈保美, 服部奈美, 柴田清, 後藤千穂, 安藤亮介, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. 自覚的な幸福感に関連する要因について
  105. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    荒井健介, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 辻村尚子, 藤田ひとみ, 今枝奈保美, 服部奈美, 柴田清, 後藤千穂, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛. ストレスとサプリメント摂取の関連についての横断研究
  106. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    藤田ひとみ, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 西山毅, 荒井健介, 辻村尚子, 今枝奈保美, 服部奈美, 柴田清, 後藤千穂, 安藤亮介, 細野晃弘, 深津満, 山田珠樹, 徳留信寛, 杉浦眞弓. 流産経験者の特性についての検討
  107. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    西田裕一郎, 桧垣靖樹, 田口尚人, 原めぐみ, 中村和代, 南里妃名子, 今泉猛, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 身体活動が血中IL-6, IL-8, IL-15, TNF-αに及ぼす影響
  108. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    島ノ江千里, 南里妃名子, 原めぐみ, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 自覚ストレスとhs-CRP値との関連 -J-MICC Study(佐賀地区)-
  109. 第22回日本疫学会学術総会  2012年1月26-28日  東京
    Kheradmand Motahare, 新村英士, 平佐田和代, 中畑典子, 中村昭彦, Mantjoro EvaMariane, 根路銘安仁, 大脇哲洋, 草野建, 嶽崎俊郎. The change of CAVI values during 5 years among general population of islands of Kagoshima
  110. AFOS 第2回アジア骨粗鬆症連合学術集会 兼 第31回日本骨粗鬆症学会  2011年11月3-5日  神戸
    Kuriyama N, Ozaki E, Yoshikawa A, Watanabe I, Inoue K, Watanabe Y. Characteristics of mild bone fragility and its relationship with clinical features and biochemical markers of bone metabolism
  111. The 5th Regional Conference of Asian Pacific Organization for Cancer Prevention  2011年11月2-3日  ソウル
    Higashibata T, Naito M, Tamura T, Nakagawa H, Okada R, Kawai S, Yin G, Morita E, Wakai K, Mori A, Asai Y, Hamajima N. Update of J-MICC Shizuoka Study to detect gene-environment interaction
  112. 第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月19-21日  秋田
    松井大輔, 繁田正子, 栗山長門, 尾崎悦子, 三谷智子, 島田佐織, 吉川綾, 渡邉功, 井上郁, 渡邊能行. 歯牙残存歯数に影響を及ぼす生活習慣の因子の検討
  113. 第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月19-21日  秋田
    尾崎悦子, 栗山長門, 繁田正子, 島田佐織, 吉川綾, 松井大輔, 渡邉功, 井上郁, 三谷智子, 渡邊能行. 健常者における骨密度, 骨強度, 骨代謝マーカーの検討
  114. 第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月19-21日  秋田
    栗山長門, 尾崎悦子, 吉川綾, 繁田正子, 島田佐織, 松井大輔, 渡邉功, 井上郁, 三谷智子, 渡邊能行. 一般壮年における皮質骨厚の軽度低下群とその関連因子の検討
  115. 第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月19-21日  秋田
    三谷智子, 繁田正子, 栗山長門, 尾崎悦子, 吉川綾, 渡邊能行. BaPWVとフラミンガムリスクスコアの関連についての考察
  116. 第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月19-21日  秋田
    上村浩一, 勝浦桜子, 山口美輪, 中本真理子, 高見栄喜, 十田朋也, 武田英雄, 有澤孝吉. 動脈スティフネスに影響を及ぼす因子の検討~体格指標を中心に~
  117. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Higashibata T, Naito M, Kawai S, Okada R, Morita E, Wakai K, Hamajima N. Association of DPP-IV polymorphism with serum PSA levels in Shizuoka Study, a part of the J-MICC Study
  118. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Naito M, Wakai K, Morita E, Kawai S, Okada R, Hamajima N. Association between the serum creatinine and prostate specific antigen concentration in Japanese men
  119. 第70回日本癌学会学術総会  2011年10月3-5日  名古屋
    Morita E, Tamura T, Kawai S, Okada R, Yin G, Naito M, Wakai K, Hamajima N. Inverse association between H. pylori infection history and prevalence of pollinosis: a population-based study in Nagoya
  120. 第66回日本体力医学会大会  2011年09月17日  山口
    安方惇, 徳田拓巳, 三好伸幸, 山田陽介, 田口尚人, 原めぐみ, 中村和代, 南里妃名子, 今泉猛, 坂本龍彦, 新地浩一, 田中恵太郎, 清永明, 田中宏暁, 桧垣靖樹.. 身体活動量とHbA1c高値リスクに関する研究
  121. 第66回日本体力医学会大会  2011年09月17日  山口
    徳田拓巳, 安方惇, 三好伸幸, 山田陽介, 田口尚人, 原めぐみ, 中村和代, 南里妃名子, 今泉猛, 坂本龍彦, 新地浩一, 田中恵太郎, 清永明, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 睡眠時間とHbA1c高値リスクに関する研究
  122. IEA World Congress of Epidemiolog  2011年8月7-11日  エジンバラ
    Kuriyama N, Ozaki E, Yoshikawa A, Shigeta M, Matsui D, Watanabe I, Inoue K, Watanabe Y. Correlation of mild bone fragility and related indicators of biological markers or ultrasonic bone densitometry in a normal Japanese population
  123. IEA World Congress of Epidemiology  2011年8月7-11日  エジンバラ
    Ozaki E, Kuriyama N, Shigeta M, Yoshikawa A, Matsui D, Watanabe I, Inoue K, Watanabe Y. Evaluation of bone fragility of Japanese women according to the range of age: Correlation with menopausal reference, bone related indicators and biomarkers
  124. IEA World congress of Epidemiology  2011年8月7-9日  エジンバラ
    Nanri H, Nakamura K, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Association between dietary pattern and serum C-reactive protein in Japanese men and women
  125. 第57回東海公衆衛生学会学術大会  2011年7月23日  愛知
    森田えみ, 青山京子, 田村高志, 川合紗世, 岡田理恵, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 名古屋市における成人の花粉症の有病率:アンケート調査結果
  126. 第1回日本栄養改善学会 東海支部会学術総会  2011年6月26日  名古屋
    栗木清典, 遠藤香, 三浦智広. 日本多施設共同(分子)コーホート研究(J-MICC Study)~静岡・桜ケ丘地区の進捗状況の報告(1)~
  127. がん予防大会2011京都  2011年6月20-21日  京都
    内藤真理子, 菱田朝陽, 川合紗世, 岡田理恵子, 森田えみ, 浅井八多美, 森厚嘉, 若井建志, 浜島信之. 日本人男性における血清PSAとIL-6遺伝子多型との関連
  128. がん予防大会2011京都  2011年6月20-21日  京都
    森田えみ, 内藤真理子, 川合紗世, 岡田理恵子, 銀光, 若井建志, 浜島信之. COMT Val158Met遺伝子多型と喫煙習慣との関連:J-MICC Study静岡地区での横断研究
  129. 第53回日本老年医学会学術総会  2011年6月15-17日  東京
    尾崎悦子, 栗山長門, 繁田正子, 渡邊能行. 日本人女性の年齢別における骨脆弱に関する検討
  130. 第53回日本老年医学会学術総会  2011年6月15-17日  東京
    栗山長門, 尾崎悦子, 繁田正子, 渡邊能行. 日本人における軽度骨脆弱者に関する骨弾性・骨密度とその関連因子の検討
  131. 第52回日本神経学会  2011年5月18日  名古屋
    栗山長門, 尾崎悦子, 吉川綾, 繁田正子, 松井大輔, 渡邊功, 井上郁, 三谷智子, 中川正法, 渡邊能行, J-MICC Study Group. 日本人における睡眠障害と神経伝達物質の代謝関連遺伝子多型の検討―第1報―
  132. 第122回日本森林学会大会  中止 講演集の発行をもって研究発表とする  森田えみ, 内藤真理子, 菱田朝陽, 川合紗世, 岡田理恵子, 若井建志, 浜島信之. 森林散策頻度とメンタルヘルスとの関連 Catechol-O-methyltransferase (COMT) 遺伝子多型による差
  133. 第81回日本衛生学会学術総会  中止 講演集の発行をもって研究発表とする  喜田優人, 近藤高明, 田中哲也, 上山純, 川合紗世, 森田えみ, 伊藤宜則, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 日本人の一般健常集団における種々の疾患歴とH.pylori感染との関連
  134. 第56回四国公衆衛生学会・研究発表会  2011年2月4日  高松
    上村浩一, 日吉峰麗, 山口美輪, 中本真理子, 武田英雄, 高見栄喜, 北山淳, 澤近房和, 十田朋也, 有澤孝吉. 血管脈派伝播速度と体格指標との関係についての検討 J-MICC Study 徳島地区のデータより
  135. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    三谷智子, 尾崎悦子, 繁田正子, 栗山長門, 渡邊能行. baPWVの決定因子に関する疫学調査
  136. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    中村和代, 南里妃名子, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 喫煙状況および受動喫煙状況と高感度CRPの関連:J-MICC Study-佐賀地区-
  137. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    平佐田和代, 新村英士, 中村昭彦, 立棒雅也, 小川信, 常松典子, 千葉調, 嶽崎俊郎, 窪薗琢郎, 宮田昌明, 松下俊文, 草野健. あまみ島嶼地域と鹿児島県本土における動脈硬化の分布に関する比較研究
  138. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    鈴木貞夫, 小嶋雅代, 永谷照男, 服部奈美, 安藤亮介, 柴田清, 今枝奈保美, 後藤千穂, 細野晃弘, 山田珠樹, 深津満, 徳留信寛. 地域住民における血漿DHEA-Sの濃度に関連する因子
  139. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    細野晃弘, 鈴木貞夫, 小嶋雅代, 永谷照男, 服部奈美, 安藤亮介, 柴田清, 今枝奈保美, 後藤千穂, 山田珠樹, 深津満, 徳留信寛. 地域住民における睡眠時間と関連する要因
  140. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    川合紗世, 森田えみ, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 堀容子, 近藤高明, 浜島信之. 健康な日本人成人におけるGGT1 intron1 A/G遺伝子多型と血清GGT値の関連
  141. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    三谷智子, 尾崎悦子, 繁田正子, 栗山長門, 渡邊能行. BaPWVの決定因子に関する疫学調査
  142. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    新村英士, 平佐田和代, 中村昭彦, 常松典子, 小川信, 千葉調, 根路銘安仁, 大脇哲洋, 嶽崎俊郎. 離島地域での罹患調査におけるレセプトを用いた郵送調査と医療機関調査の感度に関する研究
  143. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    内藤真理子, 菱田朝陽, 川合紗世, 岡田理恵子, 森田えみ, 浅井八多美, 森厚嘉, 若井建志, 浜島信之. RANK、RANKL、OPG遺伝子多型と骨密度との関連
  144. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    浜島信之, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 銀光, 森田えみ, 内藤真理子, 若井建志, 浅井八多美, 森厚嘉. GWASで報告されたSLC2A9(GLUT9)遺伝子多型と血清尿酸値との関連
  145. 第21回日本疫学会学術総会  2011年1月21-22日  札幌
    田村高志, 近藤高明, 上山純, 井上茂, 森田えみ, 川合紗世, 菱田朝陽, 岡田理恵子, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. ピロリ菌感染確認における調査票の妥当性
  146. 第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月27-29日  東京
    三谷智子, 尾崎悦子, 栗山長門, 繁田正子, 吉川綾, 渡邊能行. 一般市民におけるPTSDハイリスク群の分布に関する調査
  147. 第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月27-29日  東京
    森田えみ, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 森林散策頻度と糖尿病および予備軍との関連―60歳代の日本人男性における横断研究
  148. 第31回日本肥満学会  2010年10月1-2日  群馬
    尾崎悦子, 三谷智子, 繁田正子, 栗山長門, 吉川綾, 渡邊能行. 一般勤労者における肥満者の特徴-食事摂取頻度, 食意識-
  149. 第69回日本癌学会学術総会  2010年9月22-24日  大阪
    Nakamura A, Sagara Y, Hamajima N, Yamaguchi K, Takazaki T. Comparison of HTLV-1 seroprevanlence between blood donors and health checkup examinees in an island region, Japan
  150. 第69回日本癌学会学術総会  2010年9月22-24日  大阪
    Morita E, Naito M, Hishida A, Kawai S, Okada R, Wakai K, Hamajima N. The factors associated with serum C-reactive protein concentration: a cross-sectional study among Japanese population
  151. 第69回日本癌学会学術総会  2010年9月22-24日  大阪
    Naito M, Hishida A, Wakai K, Morita E, Kawai S, Okada R, Tamokoshi A, Hamajima N. Association of smoking and drinking habits with the prostate-specific antigen concentration:The JMICC Study
  152. 第69回日本癌学会学術総会  2010年9月22-24日  大阪
    Tamura T, Morita E, Kawai S, Hishida A, Naito M, Wakai K, Hamajima N. Association between urokinase plasminogen activator Pro141Leu and Helicobacter pylori positivity in Daiko Study
  153. 第69回日本癌学会学術総会  2010年9月22-24日  大阪
    Kawai S, Morita E, Tamura T, Hishida A, Naito M, Wakai K, Hamajima N. Association of GGT1 intron 1 A/G polymorphism and serum gamma-glutamyltransferase among Japanese healthy adults
  154. 第56回東海公衆衛生学会学術大会  2010年7月24日  岐阜
    片岡龍司, 森田えみ, 田村高志, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 上山純, 近藤高明, 浜島信之. UGT1A1遺伝子多型と尿ビリルビンおよびウロビリノーゲン
  155. 第56回東海公衆衛生学会学術大会  2010年7月24日  岐阜
    喜田優人, 近藤高明, 田中哲也, 中川優子, 木下香織, 鈴木麻予, 服部由花, 一ノ谷英憲, 倉岡光穂, 木全明子, 上山純, 森田えみ, 田村高志, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之. 非喫煙成人女性での尿中コチニン値と受動喫煙との関連
  156. がん予防学術大会2010札幌  2010年7月15-16日  札幌
    内藤真理子, 西尾和子, 石田喜子, 菱田朝陽, 森田えみ, 川合紗世, 岡田理恵子, 若井建志, 浜島信之, 玉腰暁子, 浅井八多美, 鈴木ます美, 友田あき子, 桑原真弓, 深田裕子, 中村月乃, 岡本あゆみ, 池田佳名子, 三須寧子, 片瀬史朗, 徳増諭, 鈴木妃佐子, 大石早知絵. 日本人男性における血清PSAと交替制勤務の関連:日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)静岡地区における検討
  157. がん予防学術大会2010札幌  2010年7月15-16日  札幌
    森田えみ, 若井建志, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 田村高志, 青山京子, 伊藤宜則, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 浜島信之, 大西丈二, 堀容子, 塚本早苗, 濱本律子, 杉山晃子, 近藤高明, 上山純, 木全明子, 山本佳那実, 廣澤奈緒子, 一ノ谷英憲, 喜田優人, 田中哲也. 日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)大幸研究ベースライン調査の概要
  158. がん予防学術大会2010札幌  2010年7月15-16日  札幌
    田村高志, 森田えみ, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 青山京子, 伊藤宜則, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, 大西丈二, 堀容子, 塚本早苗, 濱本律子, 杉山晃子, 近藤高明, 上山純, 木全明子, 山本佳那実, 廣澤奈緒子, 一ノ谷英憲, 喜田優人, 田中哲也. 名古屋市民におけるピロリ菌感染状況
  159. がん予防学術大会2010札幌  2010年7月15-16日  札幌
    川合紗世, 森田えみ, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 田村高志, 青山京子, 伊藤宜則, 岡田理恵子, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, 大西丈二, 堀容子, 塚本早苗, 濱本律子, 杉山晃子, 近藤高明, 上山純, 木全明子, 山本佳那実, 廣澤奈緒子, 一ノ谷英憲, 喜田優人, 田中哲也. 健康な日本人の集団における飲酒状況とH.pylori感染との関係
  160. 日本睡眠学会 第35回定期学術集会  2010年7月1-2日  名古屋
    森田えみ, 内藤真理子, 菱田朝陽, 若井建志, 森厚嘉, 浅井八多美, 浜島信之. 睡眠不足の個人差 – 睡眠不足感と主観的健康状態・ストレス状態との関連
  161. URBIO (Urban Biodiversity and Design) 2010  2010年5月18-22日  名古屋
    Morita E, Sekiyama A, Nagano J, Fukuda S, Naito M, Wakai K, Kosugi S. Application of medical research theory to elucidate the role of green environment in health promotion and the usefulness of suburban forests for human health
  162. 第121回日本森林学会大会  2010年4月2-5日  筑波
    森田えみ, 内藤真理子, 菱田朝陽, 川合紗世, 岡田理恵子, 若井建志, 浅井八多美, 浜島信之. 森林散策頻度と主観的健康状態・高血圧症との関連
  163. 日本総合健診医学会 第38回大会  2010年1月22-23日  埼玉
    前田麻美, 深津満, 小林由佳, 鈴木里美, 山田珠樹, 鈴木貞夫, 今枝奈保美, 柴田清, 後藤千穂, 細野晃弘, 服部奈美, 安藤亮介, 徳留信寛. e-GFR と尿酸との関連について(横断的調査)
  164. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Nakamura K, Nannri H, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Reproducibility of a lifestyle questionnaire used for the J-MICC Study in Saga region
  165. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Higaki Y, Taguchi N, Nishida Y, Hara M, Imaizumi T, Nannri H, Nakamura K, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Association between physical activity and high-sensitivity C-reactive protein in a healthy Japanese population
  166. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nannri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Greater light-intensity physical activity is associated with higher levels of total and high-molecular-weight adiponectin
  167. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Hara M, Higaki Y, Nannri H, Nakamura K, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Coffee drinking and decrease serum liver enzyme levels in a middle-aged Japanese population
  168. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Nannri H, Nakamura K, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K. Dietary patterns and serum liver enzyme levels in Japanese men and women: the J-MICC Study in Saga region

    →「食事パターンと炎症のかかわり」

  169. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Hosono A, Suzuki S, Yamada T, Imaeda N, Shibata K, Goto C, Hattori N, Ando R, Fukatsu M, Tokudome S. Effect of change in obesity indices on the change in components of metabolic syndrome
  170. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Kuriki S, Okada R, Hishida A, Kawai S, Morita E, Naito M, Wakai K, Asai Y, Hamajima N. Frequency of the SLC22A12 W258X polymorphism among those with low serum uric acid
  171. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Naito M, Hishida A, Wakai K, Nishio K, Ishida Y, Morita E, Kawai S, Okada R, Tamakoshi A, Fukada Y, Okamoto A, Suzuki M, Tomoda A, Kuwabara M, Katase S, Asai Y, Hamajima N. Association of leisure time physical activities with the prostate-specific antigen concentration in Japanese men
  172. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Morita E, Naito M, Hishida A, Nishio K, Ishida Y, Wakai K, Asai Y, Hamajima N. Forest walking (Shinrin-yoku) frequency is associated with mental stress status: cross-sectional study on Shizuoka Area of the Japan Multi-Institutional Collaborative Study (J-MICC)
  173. 国際疫学会西太平洋地域学術会議 兼 第20回日本疫学会学術総会  2010年1月9-10日  埼玉
    Wakai K, Morita E, Tamura T, Kuriki S, Tomita K, Aoyama K, Ito Y, Mitsuda Y, Okada R, Kawai S, Hishida A, Naito M, Onishi J, Sugiyama T, Hamamoto R, Hoshino J, Suzuki Y, Hori Y, Ichinotani H, Kimata A, Yamamoto K, Hirosawa N, Ueyama J, Kondo T, Hamajima N. Angiotensin-converting enzyme (ACE) insertion/deletion polymorphism and blood levels of angiotensin II and ACE activity
  174. Asia Pacific Cancer Conference  2009年11月12-14日  筑波
    Naito M, Hishida A, Wakai K, Nishio K, Ishida Y, Morita E, Kawai S, Okada R, Tamakoshi A, Fukada Y, Okamoto A, Suzuki M, Tomoda A, Kuwabara M, Katase S, Asai Y, Hamajima N. Associations of tea consumption with the prostate-specific antigen concentration in Japanese men
  175. Asia Pacific Cancer Conference  2009年11月12-14日  筑波
    Morita E, Wakai K, Hishida A, Okada R, Tamura T, Kuriki S, Tomita K, Kawai S, Naito M, Sugiyama T, Hamamoto R, Hoshino J, Hori Y, Ueyama J, Kondo T, Onishi J, Hamajima N. Daiko Study of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study: a progress report
  176. The 6th eULIS Symposium (13th European Symposium on Urolithiasis)  2009年10月16日  イタリア
    Ando R, Suzuki S, Yamada T, Kobayashi T, Okada A, Itoh Y, Yasui T, Tozawa K, Tokudome S, Kohri K. Obesity, metabolic syndrome components and risk of kidney stones in Japanese
  177. 第68回日本癌学会学術総会  2009年10月1-3日  横浜
    Mariko N, Hishida A, Wakai K, Morita E, Kawai S, Okada R, Tamakoshi A, Hamajima N. Association of diabetes mellitus and BMI with the prostate-specific antigen concentration in Japanese men
  178. 第68回日本癌学会学術総会  2009年10月1-3日  横浜
    Kawai S, Naito M, Hishida A, Morita E, Okada R, Wakai K, Hamajima N. Associations of serum gamma-glutamyl transferase with smoking and obesity among Japanese healthy adults
  179. 第68回日本癌学会学術総会  2009年10月1-3日  横浜
    Morita E, Naito M, Hishida A, Kawai S, Okada R, Wakai K, Hamajima N. Association of endothelial constitutive nitric oxide synthase genotype (ecNOS) and hyperuricemia among Japanese men
  180. がん予防大会2009愛知  2009年6月16-17日  名古屋
    内藤真理子, 西尾和子, 川合紗世, 岡田理恵子, 若井建志, 浜島信之, 玉腰暁子, 浅井八多美, 鈴木ます美, 友田あき子, 桑原真弓, 深田裕子, 中村月乃, 岡本あゆみ, 池田佳名子, 三須寧子, 片瀬史朗, 徳増諭, 鈴木妃佐子, 大石早知絵. J-MICC Study静岡フィールドのベースラインデータに関する検討
  181. がん予防大会2009愛知  2009年6月16-17日  名古屋
    冨田耕太郎, 森田えみ, 栗木砂家加, 青山京子, 伊藤宜則, 光田洋子, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, 大西丈二, 堀容子, 濱本律子, 鈴木洋子, 近藤高明, 上山純, 木全明子, 山本佳那実, 廣澤奈緒子, 一ノ谷英憲. 名古屋市民におけるピロリ菌感染状況
  182. がん予防大会2009愛知  2009年6月16-17日  名古屋
    森田えみ, 若井建志, 栗木砂家加, 冨田耕太郎, 青山京子, 伊藤宜則, 光田洋子, 岡田理恵子, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 浜島信之, 大西丈二, 堀容子, 濱本律子, 星野純子, 近藤高明, 上山純, 木全明子, 山本佳那実, 廣澤奈緒子, 一ノ谷英憲. 日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)大幸研究の進捗状況と参加者の概要について
  183. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    中村和代, 南里妃名子, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. メタボリックシンドロームの腹囲診断基準の検討:J-MICC Study -佐賀地区-
  184. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    南里妃名子, 中村和代, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 日本人中高年者の食事パターンと高感度CRPとの関連
  185. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    平佐田和代, 中村昭彦, 小川信, 常松典子, 立棒雅也, 新村英士, 嶽崎俊郎. あまみ島嶼地域における動脈硬化に関する横断的研究
  186. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    新村英士, 中村昭彦, 平佐田和代, 常松典子, 小川信, 立棒雅也, 竹内亨, 嶽崎俊郎. 長寿者におけるDNA酸化産物と生活習慣およびDNA修復遺伝子多型に関する研究
  187. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    中村昭彦, 平佐田和代, 新村英士, 小川信, 常松典子, 立棒雅也, 嶽崎俊郎. 鹿児島県あまみ島嶼地域住民における血中脂質に関する横断的研究
  188. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    鈴木貞夫, 服部奈美, 安藤亮介, 柴田清, 今枝奈保美, 後藤千穂, 細野晃弘, 山田珠樹, 深津満, 徳留信寛. メタボリックシンドローム診断に対するインスリン抵抗性測定の意義
  189. 第19回日本疫学会学術総会  2009年1月23-24日  金沢
    細野晃弘, 鈴木貞夫, 服部奈美, 安藤亮介, 柴田清, 今枝奈保美, 後藤千穂, 山田珠樹, 深津満, 徳留信寛. 体格指標と腹囲により判定される肥満者の特性
  190. がん予防大会2008福岡  2008年5月22-23日  福岡
    石田喜子, 西尾和子, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志, 浜島信之, 浅井八多美. 浜松における分子疫学研究のベースライン調査同意率の検討
  191. 第18回日本疫学会学術総会  2008年1月25-26日  東京
    桧垣靖樹, 田口尚人, 原めぐみ, 中村和代, 南里妃名子, 今泉猛, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 身体活動量と耐糖能異常リスクに関する研究
  192. 第18回日本疫学会学術総会  2008年1月25-26日  東京
    原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 中村和代, 南里妃名子, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 佐賀市における分子疫学研究:ベースライン調査参加率の検討(第2報)
  193. 第18回日本疫学会学術総会  2008年1月25-26日  東京
    松井健志, Reidar K Lie, 喜多義邦, Ezekiel J Emanuel, 上島弘嗣. 説明文書の情報量が研究対象者の同意と研究内容の理解に及ぼす効果
  194. 第17回日本疫学会学術総会  2007年1月26-27日  広島
    原めぐみ, 桧垣靖樹, 坂本龍彦, 今泉猛, 田口尚人, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎. 佐賀市における分子疫学研究:ベースライン調査参加率の検討
  195. 第29回日本がん疫学研究会  2006年5月19-20日  広島
    内藤真理子, 西尾和子, 石田喜子, 長船智, 浜島信之, 浅井八多美, 鈴木ます美, 金子ひろみ, 田中美香, 深田裕子, 玉腰暁子. J-MICC Study 静岡フィールドでの参加率
  196. 第16回日本疫学会学術総会  2006年1月23-24日  名古屋
    嶽崎俊郎, 新村英士, 玉腰暁子, 浜島信之. 鹿児島県離島地域における分子疫学研究の展開:初回調査応答率の検討
ページトップへ戻るページトップへ戻る