がん登録情報の活用に関する提言

 日本多施設共同コーホート研究は、東北大学東北メディカル・メガバンク機構、岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構、慶応・鶴岡メタボロームコホート研究、愛知県がんセンター研究所と共同し、「個別化ヘルスケア、革新的創薬を目指したがん登録情報の活用に関する提言」を令和3年9月2日にがん登録推進法を所管する厚生労働大臣、健康・医療戦略担当大臣、文部科学大臣、経済産業大臣に提出いたしました。

 本提言は、我が国のがん登録推進法にもとづいて進められているがん登録情報について、がん医療・がん予防のために広く利活用されることを目指してまとめたものです。詳しくは、下記リンクより提言本文をご覧ください。

個別化ヘルスケア、革新的創薬を目指したがん登録情報に関する提言
ページトップへ戻るページトップへ戻る