カテゴリー別アーカイブ: 糖尿病

遺伝子多型と空腹時血糖値

研究ファイルNo.45:遺伝子多型は飲酒習慣を通して、空腹時血糖値と関連する  飲酒と2型糖尿病リスクとの関連は多くの疫学研究で報告されていますが、否定的な研究もあり、一致した見解が得られていません。15のコホート研究を統合したメタ分析では、中度の飲酒者で2型糖尿病のリスク低下が見られ、重度飲酒者では見られませんでした(Koppes LL et al, Diabetes Care, 2005; 28: 719-725)。一方、日本人を対象とした5のコホート研究をまとめた系統的レビューでは、体格指数が低い群においで、中度の飲酒は2型糖尿病リスク上昇と関連していました(Seike N et al, Asia Pac J Clin Nutr, 2008; 17: 545-551)。これらの相反する結果はそれぞれの人種における飲酒習慣の遺伝的感受性の違いによるものかもしれません。したがって、飲酒習慣と関連するADH1B Arg48His 及びALDH2 Glu504Lys遺伝子多型と空腹時血糖値との関連を検討する必要があると考えました。  アルコールは体内でまずアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに変換され、そして、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により酢酸に変換されてから排泄される。アルコール脱水素酵素(ADH)にいくつの遺伝子が知られ、アジア人に多く見られる遺伝子ADH1Bには三つの遺伝子型が存在し、酵素活性に差が見られます。アセトアルデヒドは毒性があり、飲酒による不良反応の主な要因と考えられています。アジア人において、アセトアルデヒドは主にアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によって代謝されます。この酵素には、遺伝子型が三つあり、酵素活性に差がみられ、飲酒量を規定すると報告されています(Yoshida A et al, Prog Nucleic Acid Res Mol Biol, 1991; 40: 255-287)。  そこで、私たちは今回、J-MICC研究に参加された1819人名の方々において、ADH1B遺伝子多型及びALDH2遺伝子多型と空腹時血糖値との関連を解析した。これらの遺伝子多型とアルコール摂取量との交互作用も検討した。統計解析には、年齢、地域、日常の運動習慣、コーヒー摂取量、喫煙、糖尿病の既往歴および肥満などの影響を考慮しました。

カテゴリー: お酒, 糖尿病, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。

時計遺伝子の遺伝子多型と2型糖尿病

研究ファイルNo.39:概日リズム(体内時計)を司るClock遺伝子の多型は2型糖尿病の罹りやすさに関連している可能性がある 2型糖尿病にかかっている人は世界的に増加しています。肥満は2型糖尿病を引き起こす主な要因ですが、日本人は肥満頻度が少ないにもかかわらず2型糖尿病が多いことが知られています。多くの生命活動には約24時間周期で変動する概日リズム(体内時計)が存在していますが、その異常が様々な疾患と関連することが報告されています。そこで私たちは、J-MICC研究に参加された2,485名(男性1,243名、女性1,242名)の日本人について、概日リズムを司る時計遺伝子のひとつであるClock遺伝子の3つの多型と2型糖尿病との関連について調べました。 Clock遺伝子の遺伝子多型のひとつであるrs1801260のTT型を示す人に比べて、TC型あるいはCC型を示す人は糖尿病を有する割合が高く、この関係は、年齢、性別、肥満度や喫煙・飲酒習慣、運動習慣、エネルギー摂取量などの生活習慣の個々の違いとは関係なく認められました(図1)。

カテゴリー: 時計遺伝子, 糖尿病, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。

BMAL2遺伝子多型は2型糖尿病の罹りやすさに関連する

研究ファイルNo.31:肥満者において、時計遺伝子のひとつBMAL2遺伝子多型は2型糖尿病の罹りやすさに関連する可能性がある  2型糖尿病は、高血糖が長く続くことで神経障害や腎症、動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こしやすくなります。最近の研究で私たちの体の体内リズムを調節する時計遺伝子が糖尿病と関連があることがわかってきました。 しかし、時計遺伝子の主要な遺伝子のひとつであるBrain-muscle-Arnt-like protein-1 (BMAL1, ARNTL)やBMAL2の一塩基多型(SNP)と2型糖尿病との関連についてはまだ十分に明らかにされていません。  そこで私たちは、J-MICC 研究に参加された35-69歳の2,467名(男性1,232名、女性1,235名)のなかで、BMAL1 rs11022775(マイナーアレルT>メジャーアレルC)、rs2290035 (T>A)とBMAL2 rs7958822(G>A)と2型糖尿病の罹りやすさとの関連を調べることを目的に研究をしました。

カテゴリー: J-MICC研究概要, 糖尿病, 肥満, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。

日常の身体活動と血中炎症性サイトカイン濃度の関連

研究ファイルNo.25:身体活動の増加が炎症を改善する可能性 血液中に炎症性の物質が増えると、動脈硬化や糖尿病、がん等さまざまな生活習慣病のリスクが高まります。過剰に蓄積した内臓脂肪からサイトカインと呼ばれる炎症性の物質が血液中に放出されますが、近年、運動不足によって衰えた筋肉からも数種類の炎症性のサイトカインが放出されるということが分かってきました。内臓脂肪に加えて不活動な筋肉からも炎症性サイトカインが放出されれば、それらの炎症性物質の血中濃度はさらに上昇してしまいます。 先行研究により、血液中のいくつかの炎症性物質(例えば、C-reactive protein[CRP:シー・アール・ピー]やInterleukin[IL]-6[アイ・エル・シックス]と呼ばれるもの)が、日常の身体活動の増加により改善(減少)することが報告されています。しかし殆どの先行研究では、対象者自身が記入するタイプの調査票を用いて身体活動の評価が行われており、客観的に測定された正確性の高いものではありません。加えて、上述のCRPやIL-6以外の他の筋肉由来の炎症性物質(例えば、IL-8やIL-15等)への身体活動の影響についてはこれまでにほとんどわかっていません。

カテゴリー: J-MICC研究概要, メタボリックシンドローム, 動脈硬化, 糖尿病 | コメントは受け付けていません。

肥満の糖尿病発症に及ぼす影響の強さは、ある遺伝的体質によって異なる

研究ファイルNo.17:糖尿病発症リスクにおける肥満度とレジスチン遺伝子多型の交互作用 日本では、座業中心の生活スタイルや食生活の欧米化などにより、糖尿病にかかる人が昔に比べて増えています。糖尿病に伴う糖の代謝異常により、虚血性心疾患や脳梗塞が起こりやすくなります。 レジスチンは脂肪細胞と脂肪組織内にある免疫細胞により作られるホルモンで、肥満により起こる糖尿病の発生に関係していると考えられており、近年、このレジスチンの遺伝子配列の個人間の多様性(RETN -420 C>G遺伝子多型)が、2型糖尿病の発症リスクに関係していることが報告されています。しかし、これら遺伝子多型と肥満や栄養摂取などの生活要因との複合的作用(=交互作用)が、糖尿病の発症リスクに与える影響は十分には検証されていませんでした。 そこで、今回、

カテゴリー: メタボリックシンドローム, 糖尿病, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。

HbA1c値への糖尿病危険因子の影響は、遺伝多型で変わる

研究ファイルNo.15: HbA1c値に対する糖尿病の危険因子の影響の強さは、PPARG2遺伝多型によって、異なる。 概要 HbA1c値は、1~2か月前の血糖の状態を反映し、糖尿病の診断や血糖管理に使用されるほか、その値が正常範囲内でも高い人では将来の糖尿病の発症リスクが高いことが知られています。糖尿病の危険因子として、加齢、肥満、エネルギー過多、不活動、喫煙などの生活習慣のほか、糖尿病の家族歴が確立していますが、近年、肥満や脂質代謝に関連する遺伝子のPPARG2がPro/Pro型の人に比べて、Pro/AlaまたはAla/Ala型の人で糖尿病のリスクが低いことが分かってきました。しかし、日本人一般集団において糖尿病の危険因子とPPARG2の遺伝子型がHbA1cに与える影響は十分に検証されていませんでした。 そこで、今回、J-MICC研究に参加された2,637人の方のPPARG2の遺伝子の型と糖尿病の危険因子がHbA1c値に及ぼす影響について検討を行いました。

カテゴリー: 糖尿病, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。