月別アーカイブ: 6月 2012

HbA1c値への糖尿病危険因子の影響は、遺伝多型で変わる

研究ファイルNo.15: HbA1c値に対する糖尿病の危険因子の影響の強さは、PPARG2遺伝多型によって、異なる。 概要 HbA1c値は、1~2か月前の血糖の状態を反映し、糖尿病の診断や血糖管理に使用されるほか、その値が正常範囲内でも高い人では将来の糖尿病の発症リスクが高いことが知られています。糖尿病の危険因子として、加齢、肥満、エネルギー過多、不活動、喫煙などの生活習慣のほか、糖尿病の家族歴が確立していますが、近年、肥満や脂質代謝に関連する遺伝子のPPARG2がPro/Pro型の人に比べて、Pro/AlaまたはAla/Ala型の人で糖尿病のリスクが低いことが分かってきました。しかし、日本人一般集団において糖尿病の危険因子とPPARG2の遺伝子型がHbA1cに与える影響は十分に検証されていませんでした。 そこで、今回、J-MICC研究に参加された2,637人の方のPPARG2の遺伝子の型と糖尿病の危険因子がHbA1c値に及ぼす影響について検討を行いました。

カテゴリー: 糖尿病, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。