月別アーカイブ: 10月 2014

慢性腎臓病の罹りやすさと脂質代謝遺伝子

研究ファイルNo.26:日本人の慢性腎臓病の罹りやすさは脂質代謝遺伝子の影響を受ける可能性がある  慢性腎臓病とは、腎臓の中の尿をろ過する腎糸球体という毛細血管の様なものでできた装置が目詰まりを起こして腎臓の機能が低下し、悪化すると透析が必要な末期の腎不全になったり、心血管疾患を引き起こしたりして命に関わる怖い病気です。日本での患者数は1,000万人を超えると言われており、年々増える傾向にあります。この病気の原因としては、糖尿病、高血圧などがよく知られていますが、動物実験や疫学調査のデータなどから、脂質異常症も原因の1つではないかと考えられています。  そこで、私たちは今回、J-MICC研究に参加された3,268名の方々において、脂質代謝に関わる17個の遺伝子の配列の中にある28個の遺伝子多型が、慢性腎臓病の罹りやすさに与える影響について調べました。

カテゴリー: 腎臓病, 遺伝子多型 | コメントは受け付けていません。