ジェイミック研究の検体管理

研究ファイル No.2: コーホート研究では多数の検体保存が必要

長期間の追跡を必要とするコーホート研究では、多数の検体を保管するする必要がある。2005年に開始された日本多施設共同コーホート研究では、1人あたり中央事務局が9本(血清用4本、血漿用4本、バフィーコート用1本)の検体チューブを保管している。10万人の検体を保管するためには-80℃用700リットル冷凍庫が20台必要。チューブには2Dバーコードが付いており、保管箱番号と共に管理されている。保管室の窓には盗難防止のための窓枠がとりつけられ、入口には暗証番号とカードキーによる入退室管理装置が設置されている。
2次元バーコードチューブ

研究報告はここに掲載されています

  • 浜島信之. 疫学研究のためのDNA検体保存:J-MICC研究の場合.
    医学のあゆみ. 2007;220:824-827.
カテゴリー: J-MICC研究概要   パーマリンク

コメントは受け付けていません。