森林浴と血圧の関係

研究ファイル No.7: 森林浴を高頻度でしていても血圧値は低くはない

森林浴はよく知られている健康増進方法の一つですが、効果に関する研究は途上段階です。「どんな人が、どのような方法で行えば、どんな効果が見込めるのか」というような具体的なガイドラインはまだありません。今回は、静岡地区の4666人を対象にし、血圧について解析を行いました。その結果、森林浴を高頻度で行っている人でも、行っていない人より高血圧の人が少ないとか、血圧値が低いというようなことはありませんでした。更なる研究が必要ですが、今回の調査結果では、森林浴を高頻度で行っても、高血圧や血圧値とは関連がないことが示されました。

図1 森林散策頻度別の高血圧症の割合(年齢調整後)

図1 森林散策頻度別の高血圧症の割合(年齢調整後)

出典:

  • Morita E, Naito M, Hishida A, Wakai K, Mori A, Asai Y, Okada R, Kawai S, Hamajima N. No association between the frequency of forest walking and blood pressure levels or the prevalence of hypertension in a cross-sectional study of a Japanese population. Environ Health Prev Med. 2011;16:299-306.
カテゴリー: 森林浴   パーマリンク

コメントは受け付けていません。