「遺伝子多型と健診データ、生活習慣等の関連に関する横断研究」テーマ提案募集

日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)
「遺伝子多型と健診データ、生活習慣等の関連に関する横断研究」
テーマ提案募集について

日本多施設共同コーホート研究 主任研究者
田中 英夫
(愛知県がんセンター研究所)

 日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)では、データの有効活用を図るため、「遺伝子多型と健診データ、生活習慣等の関連に関する横断研究」のテーマ提案を公募いたします。  J-MICC Studyでは、ベースライン調査の参加者から抽出した約4,500名につき、400種類以上の遺伝子多型の遺伝子型を決定し、表現型(健診データ、生活習慣等)との関連を検討してまいりました。その成果としてすでに27編の論文を出版しておりますが、まだ検討のなされていない遺伝子型と表現型の組み合わせが多数残されています。

 そこで今回、貴重なデータの活用を図るため、302種類の遺伝子多型について、これまでに検討されていない表現型との組み合わせで検討テーマの提案を募集します。対象となる遺伝子多型と表現型の組み合わせにつきましては、⇒こちらの一覧表をご参照下さい。

 研究はJ-MICC Studyとの共同研究とし、論文の共著者として、生体試料・データを収集した地区および遺伝子型決定を実施した理化学研究所の研究者、J-MICC Studyの主任研究者、中央事務局の研究者が加わりますが、当然ながら主著者、corresponding authorは、テーマを提案し、論文原稿を作成した研究機関に御所属の研究者といたします。提案テーマが採択された研究者は、1年以内に論文を投稿するものとします(解析結果により論文化が困難と判断した場合には、テーマ取り下げ可能)。

 今回(第1回)の募集期間は2016年9月30日までとします。本募集にご関心のある方はまず、下記の問い合わせ先に、⇒こちらのフォームからご連絡いただけましたら幸甚です。

問い合わせ先

日本多施設共同コーホート(J-MICC)研究中央事務局
名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学分野
中央事務局長 若井 建志

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL 052-744-2823(直通)
FAX 052-744-2971
⇒こちらのフォームから中央事務局へメールを送信できます。

資料

横断研究の論文学会発表

遺伝子多型と表現型の組み合わせ一覧(pdf形式)

ページトップへ戻るページトップへ戻る