シンポジウム「コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果」

  • 会期  平成29年12月21日(木)13:30〜17:00(開場 13:00)
  • 会場  東京大学医科学研究所 1号館1階 講堂
  • 参加費 無料、要事前参加登録(先着140名)
    ⇒ 事前登録はこちら

sympo2017_cap

プログラム
13:30〜17:00 コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果

13:00〜 開場

13:40〜14:55 第1部 支援内容の紹介

座長 内藤 真理子(名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学 准教授)

1 ブレインリソースの整備と活用支援
村山 繁雄(東京都健康長寿医療センター 神経内科・バイオリソースセンター・高齢者ブレインバンク 部長)
2 ヒト生体試料リソースによる研究支援
醍醐 弥太郎(東京大学医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター 特任教授)
3 一般健常人コホートを利用したバイオリソースの整備と活用支援
若井 建志(名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学 教授)

15:10〜16:40 第2部 支援を受けた研究成果の紹介

1 Phospho-tau bar code-死後脳でのタウリン酸化解析はタウオパチーの診断に役立つか?
座長 村山 繁雄(東京都健康長寿医療センター 神経内科・バイオリソースセンター・高齢者ブレインバンク 部長)
演者 久永 眞市(首都大学東京理工学研究科 生命科学専攻 教授)
2 がんの悪性化・難治化に関与する新規因子IL-34に関する研究
座長 醍醐 弥太郎(東京大学医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター 特任教授)
演者 清野 研一郎(北海道大学遺伝子病制御研究所 病態研究部門免疫生物分野 教授)
3 痛風・高尿酸血症のゲノム個別化医療・予防にむけた研究:
大規模ゲノムコホートに基づく支援による取組み

座長 若井 建志(名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学 教授)
演者 松尾 洋孝(防衛医科大学校医学教育部医学科 分子生体制御学 講師)
4 総合討論
ページトップへ戻るページトップへ戻る